「単線の駅」

著者:  尾崎一雄
出版社:  講談社
サイズ:  単行本
発行年:  1976年2刷
価格:  1200円
状態・備考:  A

「「梅白し単線の駅汽車発す」著者は小田原在住の下曽我に居住し、日々、自然のなかに身をおき、山川草木を愛す。人生的な自然哲学にうらうちされたその心情には、近代科学の進歩を越えて、未来を見はる確かなものがある」(帯より) →表紙を拡大

 →このほかに「尾崎一雄」の本があるか調べてみる


前のページにもどる