「東京っ子」

著者:  秋山安三郎
出版社:  朝日新聞社
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  1962年初版
価格:  800円
状態・備考:  B/カバーイタミあり

著者は東京の浅草で生まれ、9歳で働き始めた後、職を転々とし、1923年に朝日新聞社に入社したという経歴の持ち主。歌舞伎や大衆演劇に精通し、それらについて、東京の下町の様子などをつづった随筆などを残している。この本では前半で昔の東京の風習や風俗、暮らしについて、後半は戦時中に書かれた芝居についての文章が収録されています →表紙を拡大

 →このほかに「秋山安三郎」の本があるか調べてみる


前のページにもどる