「いのちの食卓」

Sold Out

著者:  辰巳芳子
出版社:  マガジンハウス
サイズ:  単行本
発行年:  2004年2刷
価格:  700円 [Sold Out]
状態・備考:  A

食べること、料理を作ることとは?いのちの仕組みにくみこまれている食を考え、生きていきやすいように、安全な食材を求め、料理を作る・・・・。料理レシピも具体的に交えた現在の日本の「食のあり方」について語り下ろした料理エッセイ。
【目次より】
「「食べる」とは?」「風土と人間のかかわり」「家事とは?」「「中食」の功罪」「大豆立国を考えて「大豆100粒運動」」「人生を幸せに終えるための食、それがスープです」・・・・など→表紙を拡大

 →このほかに「辰巳芳子」の本があるか調べてみる


前のページにもどる