「西洋菓子彷徨始末」

著者:  吉田菊次郎
出版社:  朝文社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1994年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「お菓子は世につれ 世は菓子につれ。鉄砲とともに伝来したカステラ、コンペイトウ、明治開化期、鹿鳴館の夜会をかざった西洋菓子、あるいはアンパン、クリームパン・・・・。南蛮菓子から西洋菓子、そして洋菓子への歴史を、おもしろおかしく軽快に・・・・」→表紙を拡大

 →このほかに「吉田菊次郎」の本があるか調べてみる


前のページにもどる