「山本さんのいいつけ」

著者:  山口瞳
出版社:  河出書房新社
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  2011年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

タイトルとなっている「山本さんのいいつけ」の山本さんとは一度だけ会って話をしたという山本周五郎のこと。その時に「出版社を限定して書け」「その出版社からジャンジャン前借りしろ」「メモをとれ日記をつけよ」と言われたけれど、ほとんど実行しなかったということがつづられている。ほかに江分利満について、若いサラリーマンと伊豆にいった話、将棋について、向田邦子のことなど、1963年から1990年までに発表された単行本未収録のエッセイを収録→表紙を拡大

 →このほかに「山口瞳」の本があるか調べてみる


前のページにもどる