「湖沼学入門」

著者:  山口瞳
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1976年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

東北に向かう電車の窓から一瞬見えた沼の風景にひかれて、あんなところでゆっくりと絵を描けたらいいな、と思ったことから実現した企画で、山口瞳とドスト氏こと関保寿が全国の沼、湖などを巡りつつ絵を描く様子をつづった作品。前情報で得た風景とまったく違っていたり、雨が降り続いていたり、はたまたほかのメンバーも含め出発の何時間前まで飲み続けていて二日酔いのままだったり、38度の熱を出して朦朧としていたり、親友が亡くなったすぐ後だったり・・・・とアクシデント続きの紀行エッセイ→表紙を拡大

 →このほかに「山口瞳」の本があるか調べてみる


前のページにもどる