「辻邦生 全短篇」

著者:  辻邦生
出版社:  中央公論社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1978年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/シミあり

2冊セット「パリでの記念的処女作から香気高い最新作まで短篇差小説のすべてをその制作順に編集し併せて執筆時の日記を収め二十年に亙る辻邦生文学の形成と発展を一望に啓示する」(帯より)
【目次より】
「見知らぬ町にて」「城」「ある晩年」「西欧の光の下」「スペインのかげり」「旅の終わり」「チロルの冬の旅」「シャルトル幻想」「空の王座」「パリの日々」「シチリアの夏の旅」「北の岬」「洪水の終り」「神さまの四人の娘」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「辻邦生」の本があるか調べてみる


前のページにもどる