カヌー犬ブックス


食べものについてのエッセイ (全116件)

「日々ごはん9」

著者: 高山なおみ
出版社: アノニマ・スタジオ
サイズ: 17×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2007年初版
価格: 600円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
著者の公式ホームページ「ふくう食堂」掲載の同名日記に加筆訂正して単行本化したシリーズ。2006年3月から8月までを収録


「パリを食べよう」

著者: こぐれひでこ
出版社: 東京書籍
サイズ: 単行本
発行年: 1995年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
【目次より】
「レストランとビストロの違いって?」「今はなき、愛しのジュリアン」「ビッグ・ボスとマダム・トウキョウ」「市場のビストロへ行こう」「フレンチの魚料理を食べるなら」「ワイン飲みのビストロ」「女には女の、男には男の味がある」「話題の女シェフ、星を上げる」「美食家御用達のグランド・レストラン」‥‥など


「明解 ぱくぱく辞典」

著者: 赤瀬川原平
出版社: 中央公論社
サイズ: 文庫本
発行年: 1998年初版
価格: 350円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「駅弁、給食、義理飯、葬式マンジュー、チゲ鍋、手前味噌、電気ブラン、練馬大根、ボルシチ、松茸etc.‥‥。いつも食べてる日常食品から、一度は味わいたい高級食材、珍味まで、「美味い」も「不味い」もとことん噛み分ける、独裁的食味辞典。カラーイラスト満載。」(カバー裏紹介文より)


「奥様はお料理がお好き」

著者: 邱永漢
出版社: 中公文庫
サイズ: 文庫本
発行年: 1981年初版
価格: 300円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「奥様、あなたはご飯を上手に炊けますか。料理の達人になる方法とコツをお教えしましょう。クッキングの楽しみと苦心、家庭料理のすばらしさなど、名コックになるための知恵を盛り込んだ台所読本」(カバー紹介文より) 


「粗食派の饗宴」

著者: 大河内昭爾
出版社: 文化出版局
サイズ: 単行本
発行年: 1987年初版
価格: 1000円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
都会料理や美食を取り上げるのではなく、食を大事にする志を含んだ田舎料理、粗食を取り上げ、食と文学と人にかかわりをつづった随筆集。
【目次より】
「粗食派の文学と美食派の文学」「明治の文学と食べもの」「吉田健一の「饗宴」」「井伏家のうどん」「下戸の嘆息」「マヨネーズはメルヘンだった」‥‥など 


「日々ごはん11」

著者: 高山なおみ
出版社: アノニマ・スタジオ
サイズ: 17×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2009年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
著者の公式ホームページ「ふくう食堂」掲載の同名日記に加筆訂正して単行本化したシリーズ。第11弾は、2007年3月から8月までを収録。おまけレシピ付き。「雲の上ですごす。車のおもしろさを発見する。人々がひきついできた歴史のすごさや営みを思う。感じながら、積み重ね、熱を放射しながら続いていく日々。日記エッセイ第11弾。」(帯より) 


「日々ごはん5」

著者: 高山なおみ
出版社: アノニマ・スタジオ
サイズ: 17×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2005年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
著者の公式ホームページ「ふくう食堂」掲載の同名日記に加筆訂正して単行本化したシリーズ。第5弾は、2004年3月から8月までを収録。おまけレシピ付き 


「日々ごはん6」

著者: 高山なおみ
出版社: アノニマ・スタジオ
サイズ: 17×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2006年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
著者の公式ホームページ「ふくう食堂」掲載の同名日記に加筆訂正して単行本化したシリーズ。第6弾は、2004年9月から2005年2月までを収録。おまけレシピ付き 


「日々ごはん10」

著者: 高山なおみ
出版社: アノニマ・スタジオ
サイズ: 17×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2008年2刷
価格: 600円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
著者の公式ホームページ「ふくう食堂」掲載の同名日記に加筆訂正して単行本化したシリーズ。2006年9月から2007年2月までを収録 


「日々ごはん12」

著者: 高山なおみ
出版社: アノニマ・スタジオ
サイズ: 17×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2010年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
著者の公式ホームページ「ふくう食堂」掲載の同名日記に加筆訂正して単行本化したシリーズ。最終巻の第12弾は2007年9月から2008年2月までを収録 


「美味真髄」

著者: 平野正章
出版社: 新人物往来社
サイズ: 単行本
発行年: 1977年初版
価格: 900円
状態: B/蔵書印有り、他はきれいです
▼ 本の紹介 ▼
料理の楽しみ、たべものの効用。米、野菜から果物、菓子まで、その由来と料理法。食器の美。食養正の知恵。料理を楽しみコツを集めた珠玉のエッセイ集」(帯より) 


「ペケさらんぱん」

著者: 小島政二郎
出版社: 北洋社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1978年初版
価格: 1200円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「評判の連続随想「ペケさらんぱん」にとっておきの話を挿み、痛惜の情あふれる「和田芳恵君との一生」をも添えて、練達の文勢いそいそ自在に。時勢を叩く明治の気骨。本書に登場する人と味「川端康成、菊池寛、久保田万次郎、小林桂樹、チャップリン/芭蕉のささみ、天城の冷ヤ麦、よしはしのわらび餅、ル・コントのパン、巴里亭のトリュフ・ショコラ」・・・・など)」(帯より) 


「食べものの話」

著者: 吉本隆明
出版社: 丸山学芸図書
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1997年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「食べることはとても好きだが、かくべつ食通というわけではない、という著者が、日常生活の中で食べているものへの愛着を綴る。詩を創るように料理をする道場六三郎との対談も収録した、味にまつわる記憶の跡」(紹介文より)
【目次より】
「食べものの話(好きときらいと/食べもののための記念碑/きらい・まずい/物食う姿勢‥‥など)」「食の原点に還って(道場六三郎/吉本隆明)(現役の達人とは/口は禍?/懐石料理の限界/金談義‥‥など)」‥‥など 


「書斎の料理人 翻訳家はキッチンで」

著者: 宮脇孝雄
出版社: 世界文化社
サイズ: 単行本
発行年: 1991年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「舞台は厨房。書斎を離れた翻訳家のもうひとつの顔とは…。インターナショナルで、とてもおいしくて、ちょっと不思議な味がする翻訳家の料理。冷めないうち召し上がれ」(帯より)
【目次より】
「物書きと料理の密接な関係について」「雑誌の料理記事に翻訳家が登場すると」「『完全無欠』なハンバーガーの作り方」「一人で食事をしている人に増えているシンドロームとは」‥‥など 


「田園の食卓」

著者: 太田愛人
出版社: 築地書館
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1987年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
季節の味、生産者の視点を軸に、都会の食卓から失われてしまった日本のなつかしい食べ物など、自然と語らう食卓の豊かさと素晴らしさを、機知にとんだ歯切れのいい文章でつづる。
【目次より】
「田園の食卓(/夏野菜たち/アケビ/ピクルス/ヒダリマキ/土佐節/井上農園/梅/魚市場/秋の草上の午饗/ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」のメニュー)」「辺境周游(信濃川上村/清里から/甲斐大泉から/三浦から)」「畑で考えたこと(蘆花の鍬/農を教えよ/村おこし/辺境で農を学ぶ/一国の自立/身近な味)」 


「味覚」

著者: 大河内正敏
出版社: 中央公論社
サイズ: 文庫本
発行年: 1987年初版
価格: 400円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「江戸期の魚、すき焼と火鍋子、釣船の朝飯、フランスの鴨―。ビタミンA、アルマイトなどの研究を企業化して成功させ、世界的注目を集めた理研コンツェルンの総帥が、巣鴨プリズンの独房でかつて浸った味覚の世界を追想し、素材と調理、食と文化への想いをめぐらす。食糧難の戦後に今日の米過剰を予見し、栄養と美味を兼ね備えた調理学を説く洞察に満ちた書」(カバー裏紹介文より) 


「おしゃべりフランス料理考」

著者: なだいなだ
出版社: 平凡社カラー新書
サイズ: 新書版
発行年: 1975年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「フランスでは乞食から王さままでが、毎日食べているのがフランス料理。現在のフランス料理は、革命で落ちぶれた貴族の料理人たちが始めたレストランに端を発しているが、それを日常的なものにしたのは、ケチな主婦たちの知恵なのだ」(カバーより)「食べられるか、食べられないか、それが問題だ」「スープまたはポタージュのかわりのおしゃべり」「パリの高級レストラン」「デザートのかわりのおしゃべり」・・・・など。イラストや写真多数収録 


「美食に関する11章+人を喰った譚」

著者: 井上宗和
出版社: 読売新聞社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1981年初版
価格: 1000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「文化の神髄は食にあり!城とワインの研究家で名高い著者が、スペイン・ポルトガル・フランス・イギリスに美味美食を求めて巡礼。さらにその淵源を資料に渉猟した、思わず舌なめずりしたくなる本。」(帯より)「美食について獅子文六先生との対話」「フォアグラ残酷物語」「トリュフについての奇妙な話」「シャンパン風呂とベルサイユ料理」「キャビアとの出会い」「クイーン・エリザベス二世号の食卓」‥‥など 


「味覚のトレーニング」

著者: 森須滋郎
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本(ソフトカバー)
発行年: 1986年初版
価格: 500円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「うまい味を知らずしてうまい料理が作れるはずがない」という主張の元、長年の蘊蓄を傾けたとっておきの味のヒントや東奔西走して見つけた隠れた旨いもの屋のちょっとうまい話を集めたエッセイ 


「食の地平線」

著者: 玉村豊男
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1982年初版
価格: 800円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
季刊「くりま」に連載されたエッセイを中心にまとめた本。「ニラミダイの研究」「貴族から乞食までパリジャンは毎日なにを食べているのか」「ハトを撃つ男」「カリフォルニアのワインメーカーたちは今‥‥」「いまアメリカでもっとも哀れな体重の不自由な人々の物語」「沖縄歳末豚之声」「ラーメンとマダガスカルのキツネザルに関する九つの断章」「あとがき―食の地平線」 


  • >>食べものの解説・紹介
  • >>食べものについての随筆
  • >>珈琲、紅茶、お茶などについての本
  • >>お酒についての本
  • >>お菓子・ケーキ
  • >>パン
  • >>お店や料理人、店主の本
  • >>さまざまな地域の食べもの紹介
  • >>調理器具や食器の本
  • >>レシピ(全般)
  • >>レシピ(日本料理)
  • >>レシピ(西洋料理)
  • >>レシピ(アジアの料理)
  • >>レシピ(お弁当)
  • >>レシピ(酒の肴、おつまみ)
  • >>レシピ(お菓子、パン)
  • >>暮らしの本
  • >>家・インテリア・エクステリア
  • >>雑貨の本
  • >>洋服・きもの・裁縫・手芸
  • >>ハンドメイド
  • >>音楽・映画の本
  • >>趣味の本
  • >>陶芸・工芸・骨董
  • >>本についての本
  • >>デザイン、写真集、画集など
  • >>日本
  • >>アジア
  • >>アメリカ、カナダ
  • >>中南米、カリブ
  • >>ヨーロッパ
  • >>オセアニア
  • >>中東、アフリカ
  • >>そのほか
  • >>日本の小説・随筆(ア行)
  • >>日本の小説・随筆(カ行)
  • >>日本の小説・随筆(サ行)
  • >>日本の小説・随筆(タ行)
  • >>日本の小説・随筆(ナ行)
  • >>日本の小説・随筆(ハ行)
  • >>日本の小説・随筆(マ行)
  • >>日本の小説・随筆(ヤ行)
  • >>日本の小説・随筆(ワ行)
  • >>アンソロジー
  • >>英米文学(ア行)
  • >>英米文学(カ行)
  • >>英米文学(サ行)
  • >>英米文学(タ行)
  • >>英米文学(ナ行)
  • >>英米文学(ハ行)
  • >>英米文学(マ行)
  • >>英米文学(ラ行)
  • >>英米文学(アンソロジー)
  • >>フランス文学
  • >>ドイツ文学
  • >>イタリア文学
  • >>そのほかのヨーロッパ文学
  • >>ラテンアメリカ文学
  • ▲ページトップに戻る