「里見トン」の本の検索結果

「私の一日」

著者:  里見トン
出版社:  中央公論社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1980年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

鎌倉での日々や若かった頃の自身の話、志賀直哉、泉鏡花といった友達とのエピソードなどがつづられた随筆集
【目次より】
「私の一日」「旧友」「小坪の漁師」「泉鏡花」「菊池寛君のこと」「昔の学習院」「初飛行と大震災」「わたしの鎌倉」「地震座役者評判記」「はじめとをはり」「思ひ出すままに」「志賀君との間柄」「万能選手志賀直哉」「滅多にないほどの仕合わせ」「一つの安らぎ」「死とその周辺」「四方山話」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「里見トン」の本があるか調べてみる


「秋日和。彼岸花」

著者:  里見トン
出版社:  夏目書房
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1995年初版
価格:  800円
状態・備考:  B/カバー上部1cm程度破れあり

「小津映画の原作となった『秋日和』『彼岸花』の表題作を含む映像感覚あふれる10篇の短篇を収録。小津映画の源流・里見トンの全貌が今ここに明かされる。旧かなづかいで書かれた、なつかしい日本の姿」→表紙を拡大

→このほかに「里見トン」の本があるか調べてみる


「恋ごころ」

著者:  里見トン
出版社:  文藝春秋新社
サイズ:  単行本
発行年:  1955年初版
価格:  1100円
状態・備考:  B/函汚れあり、本体はきれいです

「志賀直哉をして『小説家の小さん』を三嘆せしめた里見トンの小説は、所謂名人芸の小説として再認識されていいだろう。珠玉の近作をあつめて敢えて世におくる所以である」(帯より)1956年に読売文学賞を受賞した短編集。
【目次より】
「恋ごころ」「雲」「二人の作家」「醜女」「老友」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「里見トン」の本があるか調べてみる


「五代の民」

著者:  里見トン
出版社:  読売新聞社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1970年初版
価格:  500円
状態・備考:  B/購入者記名・蔵書印あり

「明治・大正・昭和、そして現皇太子、そのお嗣子浩宮――五代を生き抜いた筆者が目にうつり心に残ることなどを、身近に接した体験をもとに語る、枯淡の中に滋味あふれる随想集」(帯より)→表紙を拡大

→このほかに「里見トン」の本があるか調べてみる