「網野菊」の本の検索結果

「犬―クラフト・エヴィング商会プレゼンツ」

著者:  阿部知二、網野菊、川端康成ほか
出版社:  中央公論新社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2004年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

名犬、番犬、野良犬と暮らした作家による随筆をクラフト・エヴィング商会がセレクト
【目次より】
「赤毛の犬(阿部知二)」/「犬たち(網野菊)」/「犬と私(伊藤整)」/「わが犬の記 愛犬家心得(川端康成)」/「あか(幸田文)」/「クマ 雪の遠足(志賀直哉)」/「トム公の居候(徳川夢声)」/「「犬の家」の主人と家族(長谷川如是閑)」/「犬(林芙美子)」/「ゆっくり犬の冒険―距離を置くの巻(クラフト・エヴィング商会)」→表紙を拡大


「陽のさす部屋」

著者:  網野菊
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1975年初版
価格:  800円 [Sold Out]
状態・備考:  B/函シミあり、本体はきれいです

「陽のさす部屋」「自分の部屋」「抱き人形」「新茶」「巣立つ」「幸せな晩年」「夏期寮」「ひとの恋文」といった昭和40年代に書かれた作品と「海」「清香」「猫」「菩提樹の葉」といった初期の作品を収録した短篇集→表紙を拡大

→このほかに「網野菊」の本があるか調べてみる


「作品集一期一会」

著者:  網野菊
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1968年2刷
価格:  800円 [Sold Out]
状態・備考:  A

「死、老い、そして慕情――その人生に行きあうことごとを通じて、生きることの真実を描きつづけた網野菊の文学。読売文学賞」(帯より)
【目次より】
「黄色い眼鏡」「翡翠」「老猫」「恐怖」「夜の電車」「日々是好日」「虹の花」「風の日」「生きてきた過去」「花の会」「おもかげ」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「網野菊」の本があるか調べてみる