「島尾敏雄」の本の検索結果

「夢屑」

著者:  島尾敏雄
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1985年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「『死の棘』の最後の章ののち発表された8つの短篇。島尾敏雄が、執拗に描き続けてきた“夢”。何故、彼は、これほどまで“夢”にこだわったのか……。夢の中に現実の関係を投影し、人の心の微妙な揺らめきにしなやかな文学的感受性を示した、野間文芸賞受賞作家の名作短篇集」(紹介文より)→表紙を拡大

→このほかに「島尾敏雄」の本があるか調べてみる


「南島通信」

著者:  島尾敏雄
出版社:  潮出版
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1979年3刷
価格:  600円
状態・備考:  B/セロテープ後あり

「清冽な文体でつづる随筆集!20年近く住んだ南島を離れる。交通事故の後遺症による心身の不調。大きな生活の変化と最悪な時期につづった随筆群は、島尾文学の本質を照射する」(帯より)
【目次より】
「幼児と田舎」「戦争体験」「南島から」「生活の中で」「文学機縁」「小説選評」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「島尾敏雄」の本があるか調べてみる


「夢のかげを求めて―東欧紀行」

著者:  島尾敏雄
出版社:  河出書房新社
サイズ:  単行本
発行年:  1975年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/函背ヤケ

ワルシャワまで/ワルシャワの町歩き/カメドゥウフ修道院にて/スターレ・ミアスト界隈/イェジュルナ散策/二人のシタニスワフ/チェンストホーヴァにて/さらばワルシャワ!/マジャールを越えて/ペオグラードのホテルにて/人形劇場/プラハにて/モスクワの凍え ほか→表紙を拡大


「硝子障子のシルエット―葉篇小説集」

著者:  島尾敏雄
出版社:  創樹社
サイズ:  単行本
発行年:  1972年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B

「平穏な日常のありふれた出来事。その空間で交錯する家族の心……窓の硝子越しに見えるオーバーの影絵。魂の抜けたぬけがらの自分。精神を畏縮させる危うさが、深く妖しく映し出される。表題作「硝子障子のシルエット」ほか珠玉の30篇を収める葉篇小説集。毎日出版文化賞受賞」→表紙を拡大→このほかに「島尾敏雄」の本があるか調べてみる