「赤瀬川原平」の本の検索結果

「老人とカメラ 散歩の愉しみ」

著者:  赤瀬川原平
出版社:  実業之日本社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1998年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

カメラ片手に散歩をすれば、愉快な世界が見えてくる。「写真は趣味に限る」という著者が、「面白い」被写体を見つけて撮ったユニークな写真と絶妙なコメントで構成されたコント集。看板、壊れたトラック、屋根の上の動物など気になるもの満載→表紙を拡大

→このほかに「赤瀬川原平」の本があるか調べてみる


「ぼくの昔の東京生活」

著者:  赤瀬川原平
出版社:  筑摩書房
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2003年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

「昭和30年、ぼくは東京に出てきた。サンドイッチマン、装飾屋の文字描きなどのアルバイトをしながら、芸術を志していた。貧しくも濃密な生活を描くしみじみエッセイ」(帯より)
【目次より】
「ぼくの東京生活白書(アメリカ車/中央線/お盆彫り‥‥など)」「ちょっと昔の文化生活(洋式トイレ/石油ストーブ/名神高速道路‥‥など)」「街の手ざわり(信号機/電柱/橋‥‥など)」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「赤瀬川原平」の本があるか調べてみる


「明解ぱくぱく辞典」

著者:  赤瀬川原平
出版社:  中央公論社
サイズ:  文庫本
発行年:  1998年初版
価格:  350円
状態・備考:  A

「駅弁、給食、義理飯、葬式マンジュー、チゲ鍋、手前味噌、電気ブラン、練馬大根、ボルシチ、松茸etc.‥‥。いつも食べてる日常食品から、一度は味わいたい高級食材、珍味まで、「美味い」も「不味い」もとことん噛み分ける、独裁的食味辞典。カラーイラスト満載。」(カバー裏紹介文より)→表紙を拡大

→このほかに「赤瀬川原平」の本があるか調べてみる


「白洲正子“ほんもの”の生活」

著者:  白洲正子、赤瀬川原平、青柳恵介、前登志夫
出版社:  新潮社
サイズ:  21×16cm(ソフトカバー)
発行年:  2001年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

2001年秋、町田にある旧白洲邸「武相荘(ぶあいそう)」が記念館としてオープンしたのを機に発行された本。幼年期の頃や修業時代のエピソードをはじめ、当代一の目利きといわれた白洲正子の生涯を、自筆の和歌集、油絵、ノートなど、多くの写真を交えて紹介する→表紙を拡大