「城夏子」の本の検索結果

「林の中の晩餐会」

著者:  城夏子
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1981年初版
価格:  1500円
状態・備考:  A

少女小説を書いていたり編集者として働いていた頃から、老人ホームに入ってからの頃までに出会った人々についてつづったエッセイ集→表紙を拡大

→このほかに「城夏子」の本があるか調べてみる


「薔薇の小筐」

著者:  城夏子
出版社:  読売新聞社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1972年2刷
価格:  2500円
状態・備考:  B/小口にシミあり

「美しく老いる魂!老いへの恐怖、若さへの嫉妬、誤解と曲解にかこまれた孤独地獄――老人ホームの人間関係の中で、みごと”老醜”から脱し、美しく老い、上手に年をとる抒情作家の珠玉の随想集。老人問題解決の一つのきざしを、ここに発見することができる!」(帯より)→表紙を拡大

→このほかに「城夏子」の本があるか調べてみる


「おてんば七十歳」

著者:  城夏子
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  1974年初版
価格:  2000円
状態・備考:  A

戦前から少女小説を書いていた著者は、還暦をすぎ時に持ち家を処分して、有料老人ホームへ自ら入居する。そこでの暮らしをつづったエッセイ集。
【目次より】
「さわやかに老いる」「ひとり暮らしのそのはては」「愉しきかな老年」「老人ホームの人間学」「おちゃめ随想」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「城夏子」の本があるか調べてみる