「小島政二郎」の本の検索結果

「天下一品―食いしん坊の記録―」

著者:  小島政二郎
出版社:  光文社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1978年初版
価格:  800円
状態・備考:  B/背ヤケ

ゴメンナサイ鍋/うなぎ役者噺/ビフテキを追って/ラーメン熱/アユとハモの話/お女郎問答/さくら、ぼたん、女味よし/京都食散歩/最後は香の物/恋しや、うす味/天ぷら評判記/お別れにお茶をどうぞ/あとがき/掲載うまいもの店一覧→表紙を拡大

→このほかに「小島政二郎」の本があるか調べてみる


「吟味手帳」

著者:  小島政二郎
出版社:  日本経済新聞社
サイズ:  単行本
発行年:  1971年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B

「私の好きな味、好きな店。複雑微妙な味の世界を渉猟し尽くした著者が、ユーモアに溢れる様々なエピソードを交えて、独自の“味の哲学”を講じた好随筆集」(帯より)「鼻ッつまり」「旅でのうまいもの二三」「鮎三題」「京都なるかな」「菊竹さんの博多弁」「奥村信太郎のダンディ」・・・・など→表紙を拡大


「食いしん坊1」

著者:  小島政二郎
出版社:  文化出版局
サイズ:  18×13cm
発行年:  1972年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/カバーイタミあり

「あまカラ」に連載された味覚随筆をもとにあたらに追加しまとめた本→表紙を拡大

→このほかに「小島政二郎」の本があるか調べてみる


「食いしん坊2」

著者:  小島政二郎
出版社:  文化出版局
サイズ:  18×13cm
発行年:  1972年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/カバーイタミあり

「あまカラ」に連載された味覚随筆をもとにあたらに追加しまとめた本→表紙を拡大

→このほかに「小島政二郎」の本があるか調べてみる


「食いしん坊3」

著者:  小島政二郎
出版社:  文化出版局
サイズ:  18×13cm
発行年:  1973年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/カバーイタミあり

「あまカラ」に連載された味覚随筆をもとにあたらに追加しまとめた本→表紙を拡大

→このほかに「小島政二郎」の本があるか調べてみる


「ペケさらんぱん」

著者:  小島政二郎
出版社:  北洋社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1978年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

「評判の連続随想「ペケさらんぱん」にとっておきの話を挿み、痛惜の情あふれる「和田芳恵君との一生」をも添えて、練達の文勢いそいそ自在に。時勢を叩く明治の気骨。本書に登場する人と味「川端康成、菊池寛、久保田万次郎、小林桂樹、チャップリン/芭蕉のささみ、天城の冷ヤ麦、よしはしのわらび餅、ル・コントのパン、巴里亭のトリュフ・ショコラ」・・・・など)」(帯より)→表紙を拡大

→このほかに「小島政二郎」の本があるか調べてみる


「俺傳」

著者:  小島政二郎
出版社:  南窓社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1966年初版
価格:  1300円
状態・備考:  B/函イタミあり

「一人の人間が、モノになるまでの苦労話に興味のある方へ――。殊に、それが小説家という特殊な場合の、人間関係の激突の火花を散らすなまなましい記録。芥川、菊池との微笑ましい友情の活写。なつかしい明治時代の東京の町々の描写は、この作者以外からは望み得ない人情話のフンイキで豊かにあなたを包むであろう。洗練された最高の随筆の楽しさを求める方へ――」(帯より)→表紙を拡大

→このほかに「小島政二郎」の本があるか調べてみる


「食いしん坊 続1」

著者:  小島政二郎
出版社:  文化出版局
サイズ:  18×13cm
発行年:  1971年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/カバーイタミあり

「あまカラ」に連載された味覚随筆をもとにあたらに追加しまとめた本→表紙を拡大


「食いしん坊 続2」

著者:  小島政二郎
出版社:  文化出版局
サイズ:  18×13cm
発行年:  1971年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/カバーイタミあり

「あまカラ」に連載された味覚随筆をもとにあたらに追加しまとめた本→表紙を拡大


「食いしん坊 続3」

著者:  小島政二郎
出版社:  文化出版局
サイズ:  18×13cm
発行年:  1971年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/カバーイタミあり

「あまカラ」に連載された味覚随筆をもとにあたらに追加しまとめた本→表紙を拡大


「なつかしい顔」

著者:  小島政二郎
出版社:  鶴書房
サイズ:  単行本
発行年:  1967年初版
価格:  1400円
状態・備考:  B

三田で教鞭を取った数年間に出会った教え子たちを中心に、三田文学に関わった人、母、娘といった人々についてつづる。「奥野信太郎」、「石坂洋次郎」、「勝本清一郎」、「和田芳恵」、「母颯爽」「たった一人の娘、美籠」・・・・など→表紙を拡大


「明治の人間」

著者:  小島政二郎
出版社:  鶴書房
サイズ:  単行本
発行年:  1966年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B/函背ヤケ

「明治の人間」「名人面」「永井荷風先生」「圓朝」「悟れない話」「地獄極楽」「酒が飲みたい」「東京の町々」「雪の来る前の空」「女の肌」「名人列傳」「妻税」「余計なこと」ほか収録→表紙を拡大


「百叩き」

著者:  小島政二郎
出版社:  北洋社
サイズ:  単行本
発行年:  1979年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「なんの権力も持たない我々が悪い奴を捕まえてきて、さも権力を持っているような顔をして、そいつを百叩きに処するところを空想するだけでも、正直な話、楽しいではないか」と、権力を振り回し私腹を肥やすことだけを考え、国民のことをまったく考えない政治家や役人や戦後、物事をいかに簡単に、インスタント済ますようになってしまった戦後派の人々・・・・などについて思うところをつづった随筆集→表紙を拡大


「鴎外荷風万太郎」

著者:  小島政二郎
出版社:  文藝春秋
サイズ:  単行本
発行年:  1965年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B/函にシミあり

タイトルにあるように、森鴎外、永井荷風、久保田万太郎3人の作家に題材に、実際に接した体験を中心にその人物像を描いた作品