「安藤鶴夫」の本の検索結果

「わたしの東京」

著者:  安藤鶴夫
出版社:  求龍社
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  1968年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

次々と変化し日ごとによき風物が失われてあたたかい人情も薄れていく東京で生まれ育ち、東京を愛惜しその表裏を知ることにおいて第一人者である著者が、東京の魅力のすべてをつづった随筆集→表紙を拡大

→このほかに「安藤鶴夫」の本があるか調べてみる


「新版 百花園にて」

著者:  安藤鶴夫
出版社:  三月書房
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1999年新版
価格:  900円
状態・備考:  A

「芸の真実に限りない愛と人情を傾け、何よりも人の「まごころ」を大切にした著者が心をこめて書いたエッセイ集。1967年刊の新版。」(帯より)
【目次より】
「明治の時計」「賀状」「カレンダー」「わがトーニョー記」「上手な会話」「越前・永平寺」「百花園にて」「秋田で新政」「みちのくの秋成」「おやこ・鶴八鶴次郎」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「安藤鶴夫」の本があるか調べてみる


「雪まろげ」

著者:  安藤鶴夫
出版社:  桃源社
サイズ:  単行本
発行年:  1964年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B/函・表紙イタミあり

「あまカラ」に「食べもののでてくる話」という題名で連載されていた、伝統芸に対する鋭い批評、折々に記した下町の風物詩や身辺雑記をつづった随筆ををまとめたもの。→表紙を拡大


「あんつる君の便箋」

著者:  安藤鶴夫
出版社:  論創社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1985年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/背ヤケ

安藤鶴夫が小泉信三の誕生日に贈り、気に入られ、後に「気に入ったので注文したらまた作ってもらえるだろうか」と問い合わせがあったほど便箋のこと。小泉家ではその便箋のことを“あんつる君の便箋”と呼んでいたという表題をはじめ、「私の本だな」「へんなおしゃれ」「住居表示について」「母の口ぐせ」「流行語について」「わんぱく時代」「伝えるということ」‥‥など、生前未刊行だった随筆を収録した随筆集→表紙を拡大

→このほかに「安藤鶴夫」の本があるか調べてみる


「雨の日」

著者:  安藤鶴夫
出版社:  読売新聞社
サイズ:  単行本
発行年:  1968年2刷
価格:  1200円
状態・備考:  B/函イタミあり、蔵書印あり

尊敬する小泉信三が亡くなる前の半月前に3度も会い、そのうち一回は初めて一緒に食事をしたこと、そしてその3回とも雨の日だった、という追悼文である表題作をはじめとした随筆集→表紙を拡大