食べものについてのエッセイ (全123件)

「厨房の奇人たち―熱血イタリアン修行記」

著者:  ビル・ビュフォード(訳:北代美和子)
出版社:  白水社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

「狂熱の舞台裏を突撃取材!全米ナンバー1シェフ、マリオ・バタリに弟子入りした元『ニューヨーカー』編集長。マンハッタン、ロンドン、トスカーナの『食の現場』で繰り広げる悪戦苦闘‥‥。厨房の熱気に手に汗握る、痛快ノンフィクション」(帯より)→表紙を拡大


「食いしん坊1」

著者:  小島政二郎
出版社:  文化出版局
サイズ:  18×13cm
発行年:  1972年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/カバーイタミあり

「あまカラ」に連載された味覚随筆をもとにあたらに追加しまとめた本 →表紙を拡大

 →このほかに「小島政二郎」の本があるか調べてみる


「食いしん坊2」

著者:  小島政二郎
出版社:  文化出版局
サイズ:  18×13cm
発行年:  1972年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/カバーイタミあり

「あまカラ」に連載された味覚随筆をもとにあたらに追加しまとめた本 →表紙を拡大

 →このほかに「小島政二郎」の本があるか調べてみる


「食いしん坊3」

著者:  小島政二郎
出版社:  文化出版局
サイズ:  18×13cm
発行年:  1973年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/カバーイタミあり

「あまカラ」に連載された味覚随筆をもとにあたらに追加しまとめた本 →表紙を拡大

 →このほかに「小島政二郎」の本があるか調べてみる


「ひとり暮らしのおいしい食卓」

著者:  吉沢久子
出版社:  講談社
サイズ:  単行本
発行年:  1999年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

女の人生、やりたいことはまだまだある。一人で暮していても、きちんとした食卓を自分のために用意し、毎日元気に食を楽しみ、幸せに生きるためのエッセイ。
【目次より】
「老いのしあわせ食卓づき合い」「老いをたのしむ暮らし上手」から加筆、再編集。「朝はいちばんよく食べる」「ひとりの食卓でも、きちんと作る」「桃の節句」「菜の花あえ」「食べ歩きのすすめ」「料理ができるから女は強い」「朝の行事―水切りかご洗い」「「金属の疲労」ということ」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「吉沢久子」の本があるか調べてみる


「味をつくる人たちの歌」

著者:  牧羊子
出版社:  厚生出版社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1980年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B

本当の味とは何か。“味”を求めて東奔西走。「醤油でわける上方と関東」「京都の錦小路の愉しさ」「中華街の買い物」「ワインと中華料理」など味付けから盛り付けまでをつづる→表紙を拡大

 →このほかに「牧羊子」の本があるか調べてみる


「日々ごはん7」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマ・スタジオ
サイズ:  17×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

著者の公式ホームページ「ふくう食堂」掲載の同名日記に加筆訂正して単行本化したシリーズ。第7弾は、2005年3月から8月までを収録。おまけレシピ付き→表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「日々ごはん9」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマ・スタジオ
サイズ:  17×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年初版
価格:  600円
状態・備考:  B

著者の公式ホームページ「ふくう食堂」掲載の同名日記に加筆訂正して単行本化したシリーズ。2006年3月から8月までを収録→表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「パリを食べよう」

著者:  こぐれひでこ
出版社:  東京書籍
サイズ:  単行本
発行年:  1995年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

【目次より】
「レストランとビストロの違いって?」「今はなき、愛しのジュリアン」「ビッグ・ボスとマダム・トウキョウ」「市場のビストロへ行こう」「フレンチの魚料理を食べるなら」「ワイン飲みのビストロ」「女には女の、男には男の味がある」「話題の女シェフ、星を上げる」「美食家御用達のグランド・レストラン」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「こぐれひでこ」の本があるか調べてみる


「明解 ぱくぱく辞典」

著者:  赤瀬川原平
出版社:  中央公論社
サイズ:  文庫本
発行年:  1998年初版
価格:  350円
状態・備考:  A

「駅弁、給食、義理飯、葬式マンジュー、チゲ鍋、手前味噌、電気ブラン、練馬大根、ボルシチ、松茸etc.‥‥。いつも食べてる日常食品から、一度は味わいたい高級食材、珍味まで、「美味い」も「不味い」もとことん噛み分ける、独裁的食味辞典。カラーイラスト満載。」(カバー裏紹介文より)→表紙を拡大

 →このほかに「赤瀬川原平」の本があるか調べてみる


「奥様はお料理がお好き」

著者:  邱永漢
出版社:  中公文庫
サイズ:  文庫本
発行年:  1981年初版
価格:  300円
状態・備考:  B

「奥様、あなたはご飯を上手に炊けますか。料理の達人になる方法とコツをお教えしましょう。クッキングの楽しみと苦心、家庭料理のすばらしさなど、名コックになるための知恵を盛り込んだ台所読本」(カバー紹介文より) →表紙を拡大

 →このほかに「邱永漢」の本があるか調べてみる


「粗食派の饗宴」

著者:  大河内昭爾
出版社:  文化出版局
サイズ:  単行本
発行年:  1987年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B

都会料理や美食を取り上げるのではなく、食を大事にする志を含んだ田舎料理、粗食を取り上げ、食と文学と人にかかわりをつづった随筆集。
【目次より】
「粗食派の文学と美食派の文学」「明治の文学と食べもの」「吉田健一の「饗宴」」「井伏家のうどん」「下戸の嘆息」「マヨネーズはメルヘンだった」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「大河内昭爾」の本があるか調べてみる


「日々ごはん11」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマ・スタジオ
サイズ:  17×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

著者の公式ホームページ「ふくう食堂」掲載の同名日記に加筆訂正して単行本化したシリーズ。第11弾は、2007年3月から8月までを収録。おまけレシピ付き。「雲の上ですごす。車のおもしろさを発見する。人々がひきついできた歴史のすごさや営みを思う。感じながら、積み重ね、熱を放射しながら続いていく日々。日記エッセイ第11弾。」(帯より) →表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「日々ごはん5」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマ・スタジオ
サイズ:  17×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

著者の公式ホームページ「ふくう食堂」掲載の同名日記に加筆訂正して単行本化したシリーズ。第5弾は、2004年3月から8月までを収録。おまけレシピ付き →表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「日々ごはん6」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマ・スタジオ
サイズ:  17×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

著者の公式ホームページ「ふくう食堂」掲載の同名日記に加筆訂正して単行本化したシリーズ。第6弾は、2004年9月から2005年2月までを収録。おまけレシピ付き →表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「日々ごはん10」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマ・スタジオ
サイズ:  17×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年2刷
価格:  600円
状態・備考:  B

著者の公式ホームページ「ふくう食堂」掲載の同名日記に加筆訂正して単行本化したシリーズ。2006年9月から2007年2月までを収録 →表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「日々ごはん12」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマ・スタジオ
サイズ:  17×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

著者の公式ホームページ「ふくう食堂」掲載の同名日記に加筆訂正して単行本化したシリーズ。最終巻の第12弾は2007年9月から2008年2月までを収録 →表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「美味真髄」

著者:  平野正章
出版社:  新人物往来社
サイズ:  単行本
発行年:  1977年初版
価格:  900円
状態・備考:  B/蔵書印有り、他はきれいです

料理の楽しみ、たべものの効用。米、野菜から果物、菓子まで、その由来と料理法。食器の美。食養正の知恵。料理を楽しみコツを集めた珠玉のエッセイ集」(帯より) →表紙を拡大

 →このほかに「平野正章」の本があるか調べてみる


「ペケさらんぱん」

著者:  小島政二郎
出版社:  北洋社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1978年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

「評判の連続随想「ペケさらんぱん」にとっておきの話を挿み、痛惜の情あふれる「和田芳恵君との一生」をも添えて、練達の文勢いそいそ自在に。時勢を叩く明治の気骨。本書に登場する人と味「川端康成、菊池寛、久保田万次郎、小林桂樹、チャップリン/芭蕉のささみ、天城の冷ヤ麦、よしはしのわらび餅、ル・コントのパン、巴里亭のトリュフ・ショコラ」・・・・など)」(帯より) →表紙を拡大

 →このほかに「小島政二郎」の本があるか調べてみる


「食べものの話」

著者:  吉本隆明
出版社:  丸山学芸図書
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1997年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「食べることはとても好きだが、かくべつ食通というわけではない、という著者が、日常生活の中で食べているものへの愛着を綴る。詩を創るように料理をする道場六三郎との対談も収録した、味にまつわる記憶の跡」(紹介文より)
【目次より】
「食べものの話(好きときらいと/食べもののための記念碑/きらい・まずい/物食う姿勢‥‥など)」「食の原点に還って(道場六三郎/吉本隆明)(現役の達人とは/口は禍?/懐石料理の限界/金談義‥‥など)」‥‥など →表紙を拡大