雑貨の本 (全75件)

「「これまでも、これからも」好きなもの」

著者:  hal 後藤由紀子
出版社:  マーブルブックス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年2刷
価格:  800円
状態・備考:  B/カバースレあり

沼津に器と生活雑貨の店「hal」の店主が愛するmy定番や一生つきあう定番選びのルールなどを紹介。
【目次より】
「ゆったり時間を過ごす東京の小さな散歩旅」「ポール・ウェラーが着ていたジョン・スメドレーのニット」「長い間ずっと探していた小さなパールのネックレス」「コーディネートに困ったときは白い靴と白ボトム」「晴れた日の日曜日わが家はボーダー一家」「体型カバーもしてくれる最近目ざめた高い靴のチカラ」「ワードローブはスリーシーズンアイテムが基本」「子どものビーサンを買うとわが家の夏がやってくる」‥‥など →表紙を拡大


「乙女の雑貨生活」

著者:  柳沢小実
出版社:  主婦と生活社
サイズ:  21×15cm
発行年:  2006年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

大人かわいい物との、ストーリーのある暮らしを紹介。
【目次より】
「アラビアさんとイッタラさん」「シックな茶色」「パリの女の子」「大人のたしなみ」「ノリタケの森を訪ねて」「お茶の時間です」「季節の愉しみ」「旅の余韻」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「柳沢小実」の本があるか調べてみる


「究極のお箸」

著者:  高橋隆太
出版社:  三省堂
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2003年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

お箸の専門店を営み、自分の「マイ箸」を百膳以上持つ著者が、日々のお箸・雅なお箸・粋なお箸、とそれぞれについて語ります。美しいお箸の写真を豊富に収載。「箸」を通じて日本文化の魅力を知る一冊 →表紙を拡大


「モダンふろしき案内」

著者:  佐々木ルリ子・菅原すみこ
出版社:  河出書房新社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

暮らし、ニューモダン、シンプル&シック、トラディショナル、お台所、乙女、ファッション、お楽しみ、スーベニール、レトロ、セレクション、風呂敷の心‥‥など、なつかしくって新しい、そして便利で賢い風呂敷の魅力を紹介 →表紙を拡大


「上等舶来・ふらんすモノ語り」

著者:  鹿島茂
出版社:  ネスコ/文藝春秋
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1999年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「明治・大正の民衆がしばしば口にした『上等舶来』という言葉には、かすかな手掛かりから外国の生活を夢見る思いが込められている。シロップ、コック帽などの舶来品のルーツを探るコラムやパリに関する文章などを収録」(紹介文より) →表紙を拡大

 →このほかに「鹿島茂」の本があるか調べてみる


「tray トレー のせる・はこぶ・おく」

著者:  堀井和子
出版社:  KKベストセラーズ
サイズ:  22×19cm
発行年:  2001年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

トレーに朝食をのせてテーブルに運ぶ、テーブルクロスのうえにトレーを置いてバターやジャム、はちみつの器を並べる、梨が熟すまで置いておく・・・・さまざまなシーンで役立ち、材質もステンレス、ガラス、木、陶、プラスチック、アクリルなど、色も銀、透明、茶色、白、漆の黒などやはりさまざま。そんなトレーの素直な表情を一枚一枚写真に撮り、言葉を添える →表紙を拡大

 →このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「平野恵理子の身辺雑貨」

著者:  平野恵理子
出版社:  中央公論社
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「万年筆にはブロッター、おもたせケーキを切るナイフ、スリムな財布のためのカードホルダー、旅先でくつろぐ3点セット平野さんの暮らしにはまねしたいヒントがいっぱい。年季の入ったわが愛用品50点。」(帯より)「和の小物」「旅とお出掛け」「机のおとも」「香りでやすらぐ」「暮らしのとも」「肌身はなさず」「身にまとう」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「平野恵理子」の本があるか調べてみる


「まめざら(伝えたい日本の美しいもの)」

著者:  貴道裕子
出版社:  スーパーエディション
サイズ:  13×12cm(ハードカバー)
発行年:  1999年初版
価格:  2400円
状態・備考:  B

「手のひらにすっぽりと入ってしまう程の小さな小さなお皿の中には、日本人が忘れかけた日本人の美意識が生き生きと息づいている。京都の骨董屋『てっさい堂』の女主人が集めた、美しい豆皿四百余りを収録した写真集」(紹介文より) →表紙を拡大


「文房具さんぽ」

著者:  木下綾乃
出版社:  世界文化社
サイズ:  21×15cm
発行年:  2007年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

「わたしの書くもの、描く道具」「でんごん黒板をつくろう」「ときどき日記と、思い出旅ノート」「ふだんのスケッチ、手紙にメモ」「布張りのeco雑記帖」「わたしの袋もの集め」「小さな袋で贈りもの」「ミシンラッピングをつくろう」「えんぴつ工場見学記」「お気に入りの男前はんこ」‥‥など →表紙を拡大


「京の手づくり」

著者:  大村しげ
出版社:  講談社文庫
サイズ:  文庫本
発行年:  1980年2刷
価格:  400円
状態・備考:  A

京都生まれ、京都育ちの著者が、自分自身の暮らしの中で必要なものたちの中から、手作りのものに焦点を当て、その作り手たちの手仕事を紹介する。水ようかん、手漉き和紙、伏見人形、椿餅、おぼろこぶ、組みひも、つづれ織、しゅろぼうき、蛇の目傘、すだれ、藤細工、耳掻き、京だんす、おとうふ、扇、ししゅう針、おひつ・・・・など →表紙を拡大


「BREATH TAKING」

著者:  金澤アリアードナ
出版社:  新時代社
サイズ:  27×19cm
発行年:  2003年初版
価格:  1500円
状態・備考:  A

Fire‐King、McKee、Jeannette‥‥など、1920年代〜1970年代にかけてアメリカで製造されていたビンテージグラスウエアをカラー別におさめた写真集 →表紙を拡大


「ステイショナリー・ワンダーランド―伊東屋の文房具たち」

著者:  プチグラパブリッシング
出版社:  プチグラパブリッシング
サイズ:  21×15cm
発行年:  2004年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

第1章 伊東屋の魅力とは?/第2章 逸品揃いの文房具たち/第3章 伊東屋的な人びと/第4章 伊東屋VSプチグラ商品開発ストーリー/付録 伊東屋アド&ヒストリー/著名人によるコラム:大橋歩、小野塚秋良、堀江敏幸、岡尾美代子、YOU ほか


「ドイツおもちゃの国の物語」

著者:  文:川西芙沙、絵:一志敦子
出版社:  東京書籍
サイズ:  21×15cm
発行年:  1996年初版
価格:  700円
状態・備考:  B/カバーよれ

マイスターの手から生まれた芸術―人形とドールハウス/新しい時代を切り拓いたパイオニア―錫とブリキのおもちゃ/おもちゃの旅「ニュルンベルク」―おもちゃメッセの伝統の地/仕掛け本は紙のマジック/おもちゃの旅「ザイフェン」―ろくろ細工の民芸おもちゃ/復活祭のたまご芸術―甦る生命をたたえて/おもちゃの原点―積み木、組み立ておもちゃ ほか →表紙を拡大


「キャス・キッドソンのヴィンテージスタイル」

著者:  
出版社:  マーブルブックス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年4刷
価格:  300円
状態・備考:  B/カバー上部少しイタミあり

ロンドンの人気インテリア&ファブリックデザイナー、キャス・キッドソンのスタイリングアイディアを76収録。
【目次より】
「キッチン」「ランドリー」「リビングルーム」「ベッドルーム」「バスルーム」「子ども部屋」「仕事部屋」「キャス・キッドソンの花柄、そして布使いとの出会い―雅姫」‥‥など →表紙を拡大


「プチココ雑貨ディクショナリー」

著者:  プチココ
出版社:  アスペクト
サイズ:  19×15cm
発行年:  2002年初版
価格:  300円
状態・備考:  A

人気サイト「Petite Cocotte」に掲載されたコラム類を再構成したビジュアルコラム集。雑貨やカフェ、映画や音楽、本や雑誌など、お気に入りのかわいいたちを紹介。かの香織、廣瀬裕子、クレモンティーヌほか豪華メンバーも参加 →表紙を拡大