新着本 (全60件)

「セルフヒーリング・クックブック」

著者:  クリスティーナ・ターナー
出版社:  フレックス・ファーム
サイズ:  28×22cm(ソフトカバー)
発行年:  1993年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/背ヤケ

マクロバイオティックの入門書。「玄米ブディング」とか「ひまわりの種とごはんのサラダ」など自然食材、有機栽培の野菜を用い、「一食の献立」ではなく「食生活の改良」という視点から食生活改善のヒントが掲載されています →表紙を拡大


「ジョエル・ロブションのおいしい作りおき」

著者:  ジョエル・ロブション
出版社:  ATパブリケーション
サイズ:  25×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2015年初版
価格:  800円 [Sold Out]
状態・備考:  A

世界一多くの星(ミシュラン)を獲得している“フレンチの巨匠”が日本の家庭向けに、つくりおきのレシピを考案。意外に簡単で和食にもアレンジできる使えるレシピ68レシピを大公開 →表紙を拡大


「記憶のスパイス」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマスタジオ
サイズ:  26×17cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

写真:齋藤圭吾「ある晴れた日、洗濯物を干しながら私はまた旅に出た。からだの底に沈んだ記憶がひと粒のかくし味。全日空機内誌「翼の王国」に連載されたエッセイ「記憶のスパイス」が書き下ろしを加え一冊になりました。」(帯より)
【目次より】
「蜂蜜の泡」「クスコの赤いスープ―ペルー」「スコールとするめ―ベトナム」「長屋のお弁当―インドネシア・ロンボク島」「フーゴ―ペルー」「おじいと黒砂糖―沖縄」「おやじさんのお粥―フィリピン」「列車の指定席―韓国」「卵サンドと夕陽―インド」「風邪っぴきのラーメン―ネパール」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「うちの玄米ごはん」

著者:  高山なおみ
出版社:  NHK出版
サイズ:  27.5×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2004年2刷
価格:  800円
状態・備考:  A

ご主人の生活習慣病がきっかけで、毎日食べるようになったという玄米。玄米ご飯+肉や魚のメインのおかず+野菜たっぷりサブおかずで構成された高山家のレシピを紹介。「玄米ご飯に合うメインのおかず」「野菜たっぷりのサブおかず」「常備菜とそのアレンジ」「炊き込みご飯」「白いご飯で作るレシピ」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「家庭料理のすがた」

著者:  辰巳芳子
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  2005年4刷
価格:  1200円
状態・備考:  A

失われつつある旬を意識した心や実際の台所仕事としての料理を、現代の時代に行うためには新しい合理性が必要なのでは・・・・。料理研究家としての長年の経験の中から生まれたレシピを提案。旬折々の随筆も収録。「旬をたなごころに」「展開料理のすすめ」「日常のまとめ仕事」「xxxxxxxxxxxxxx旬の素材の展開料理」・・・・など →表紙を拡大

 →このほかに「辰巳芳子」の本があるか調べてみる


「1色刺繍と小さな雑貨」

著者:  文化出版局編、デザイン・製作:樋口愉美子
出版社:  文化出版局
サイズ:  15×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2013年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「刺繍は手芸の中でも最もポピュラーで初心者から上級者まで幅広い層が興味を持つジャンルです。本書では1色で仕上げる刺繍を紹介。刺繍ビギナーにも手軽にチャレンジできる作品を提案」(紹介文より) →表紙を拡大


「CHECK & STRIPE 布屋のてづくり案内」

著者:  在田佳代子
出版社:  集英社
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年5刷
価格:  600円
状態・備考:  B/カバー少し汚れあり

神戸にある大人気の布屋さん『チェック&ストライプ』が大人と子供のボーダーT、マルシェトートなど、子どもからから大人まで楽しめるパリテイストの作品38点を紹介。わかりやすい解説で実物大型紙付き
【目次より】
「Paris―パリのまちと布づくり」「早起きしてマルシェへ」「パリの公園でランチ」「Lourmarin―小さいけれどとてもきれいな村」「旅の小物も手作りで」「神戸のお店と布のおはなし」‥‥など→表紙を拡大


「ホームスパンのコットンライフ」

著者:  ホームスパン
出版社:  文化出版局
サイズ:  24×19cm
発行年:  2004年初版
価格:  700円
状態・備考:  B/カバー少し汚れあり

2000年9月、いつでも、そこにひっかけておける洗いざらしでも気軽にずっと着られる自分たちの着たい服を自分たちでつくるために、友人3人でスタートしたというファッションブランド「ホームスパン」の人気アイテムをまとめたビジュアルソーイングブック →表紙を拡大


「ヴィンテージファブリックでつくる雑貨とバッグ」

著者:  イシカワカオル
出版社:  グラフィック社
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「古い布をかわいくアレンジしたり、ハギレでちょっとした小物を作ってみたり、和洋のヴィンテージファブリックを使った作品制作」(紹介文より) →表紙を拡大


「クライ・ムキのナチュラルソレイアード服と小物」

著者:  クライ・ムキ
出版社:  日本ヴォーグ社
サイズ:  25×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

リネンやニット地にプリントしたナチュラル感のあるソレイアード生地を活かして大人の女性に似合うブラウスやジャケット、くつろぎ時間にパジャマ、室内着などの服の他、お出かけ用にバッグ、ティータイム用にティーコゼーなど、生活のアクセントに取り入れて楽しめる小物などを紹介する。実物大型紙つき →表紙を拡大


「FLAT HOUSE LIFE 米軍ハウス、文化住宅、古民家‥‥古くて新しい「平屋暮らし」のすすめ」

著者:  アラタ・クールハンド
出版社:  中央公論新社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年3刷
価格:  1000円 [Sold Out]
状態・備考:  A

戦前の「古民家」、戦後庶民の憧れの的だった「文化住宅」、アーティストたちが好んで住んだ「米軍ハウス」。木枠窓やタイル貼りのバスタブ、真鍮のドアノブなど、古い建具が随所に残る平屋住宅を8年に渡って取材し厳選した平屋を細部まで徹底紹介 →表紙を拡大


「ミナ ペルホネン?[通常版]」

著者:  ミナ ペルホネン
出版社:  ビー・エヌ・エヌ新社
サイズ:  24×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2011年初版
価格:  2500円
状態・備考:  A

「ファッションブランド『ミナ ペルホネン』15 年の歩みを言葉と写真で織りなす本。ミナ ペルホネンが積み重ねてきたこれまでの時間、思想、取り組みをビジュアルと言葉で束ね、表現する試み。「時間」「刺繍」「想像」「風」「反復」といった50 のキーワードを軸に、ものづくりの根底にあるデザイナーの熱い思いや社会へのまなざし、制作過程で交わされるさまざまな人との妥協のないやりとりが語られ、テキスタイルやアトリエ、工場の様子などの豊富なビジュアルが、それらの言葉にリアリティを与えている」(紹介文より) →表紙を拡大


「マニュファクチャーズ」

著者:  岡尾美代子
出版社:  アスペクト
サイズ:  21.5×17.5cm(ハードカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

著者がふだん使っている日用品や家具たちとのとの出会いや日々の思いを、写真とエッセイで紹介。
【目次より】
「パラティッシのお皿」「ダンスクのローストパン」「オール・クラッドのミルクパン」「キルタとティーマ」「AMCOのキッチンツール」「イギリスのパイ皿」「ユニセフのお人形」「クマのぬいぐるみ」「ハウスホールドグッズ、その1」「緑のネットバッグ」「赤い健康サンダル」「エナメルのバケツ」「ブラウンの目覚まし時計」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「岡尾美代子」の本があるか調べてみる


「もの好きの食器棚と愉快な時間」

著者:  堀井和子
出版社:  集英社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「魅かれて買った好きなもの94。大きいガラスボウル、お盆、カップ&ソーサー、パンを盛るカゴ、ほうろうの鍋、紫色のもの、テーブルクロス、買い物カゴ、マフラー、室内履き‥‥」(帯より) →表紙を拡大

 →このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「デポー39ものがたり」

著者:  天沼寿子
出版社:  主婦の友社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「自由が丘の人気雑貨ショップ「デポー39」がクローズして1年余。カントリーアンティークという言葉を雑貨好きの間に広めたカリスマ的存在のこのお店の始まりから終わりまで‥‥。デポー39の中心人物、天沼寿子の書き下ろしエッセイ」(帯より) →表紙を拡大

 →このほかに「天沼寿子」の本があるか調べてみる


「ベルギービール大全」

著者:  三輪一記、石黒謙吾
出版社:  アートン
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  1000円 [Sold Out]
状態・備考:  A

「800種類の銘柄があり、その銘柄のひとつずつに専用グラスがあるベルギービール。その146銘柄+専用グラスを、写真、チャート、解説で完全ガイド。コラムや用語解説も収録した愛蔵版」(紹介文より)
【目次より】
「デリリュウムトレメンス」「デリリュウムノクトルム」「ギロチン」「ヒューガルデン・ホワイト」「ヒューガルデン・禁断の果実」「ヒューガルデン・グランクリュ」「オルヴァル」「ベルビュー・クリーク」「ベルビュー・フランボワーズ」「シメイ・ブルー」「シメイ・ホワイト」‥‥など →表紙を拡大


「酒呑みの自己弁護」

著者:  山口瞳
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本
発行年:  1973年2刷
価格:  700円
状態・備考:  B/カバー汚れあり

酒に関する思い出と主張、もっともらしいいいわけ、失敗話、そしてちょっといい話など。軽い感じの文章の中に時折辛辣なことがさらりと混じっているのが山口瞳のエッセイのおもしろいところ →表紙を拡大

 →このほかに「山口瞳」の本があるか調べてみる


「酒の本棚」

著者:  コリン・ウィルソンほか
出版社:  サンアド
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  1976年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

ウィスキーの起源(コリン・ウィルソン)/グッドバイ・ミドルグラス(ジョン・アップダイク)/少年期(星新一)/酒飲み俗物学(ジョージ・ミケシュ)/酒礼賛の辞(ジョン・チーヴァー)/氷河期(イタロ・カルヴィーノ)/流行作家(山口瞳)/父の酒(安岡章太郎)‥‥など →表紙を拡大


「たぶん彼女は豆を挽く」

著者:  庄野雄治
出版社:  mille books
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  500円 [Sold Out]
状態・備考:  A

アアルトコーヒーの焙煎人、庄野雄治さんがコーヒーの魅力を簡単に、楽しく紹介。堀井和子さんとのおいしいコーヒーいれかた教室、中川ちえさんとのコーヒーの楽しみ方対談も収録
【目次より】
A‐side ささやかだけれど、役に立つコーヒーのこと
「コーヒー豆は実は豆ではないのです」「おいしいコーヒーを淹れる小さなコツ」「コーヒー豆はぜひ豆で」「無限に広がるコーヒーの香味」「焙煎加減で香味は変わります」‥‥など」「B‐side アアルトコーヒーの日々
アアルトコーヒーができるまで」「店を持つということ」「ロースターとして目指す場所」「ひとりでお店をやるということ 対談・中川ちえ×庄野雄治」「アアルトは魔法の言葉」‥‥など→表紙を拡大


「おいしいコーヒーをいれるために」

著者:  中川ちえ
出版社:  メディアファクトリー
サイズ:  21×15cm
発行年:  2002年初版
価格:  600円
状態・備考:  B

「おうちで本当においしいコーヒーが飲みたい!」コーヒーの専門家ではない著者が、日々の暮らしの中で楽しみながら覚えたり、知った、コーヒーのいれ方や豆のこと、道具のことなどをまとめた誰でも簡単においしいコーヒーが入れられる方法を紹介 →表紙を拡大