新着本 (全60件)

「スイーツクルーズ世界一周おやつ旅―お菓子で巡る船の旅 12のスペシャルレシピ」

著者:  吉田菊次郎
出版社:  クルーズトラベラーカンパニー
サイズ:  22×16cm(ソフトカバー)
発行年:  2014年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

香港の杏仁豆腐、バンコクのフォイトーン、ジェノバのパネットーネ、ロサンゼルスのマフィン‥‥など、ブールミッシュ創業のパティシエが世界の港を旅する気分でそれぞれの港のお菓子を案内する。レシピも掲載。 →表紙を拡大

 →このほかに「吉田菊次郎」の本があるか調べてみる


「エリックのマクロビオティック・スイーツ」

著者:  エリック・レシャソー
出版社:  PARCO出版
サイズ:  20×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

マドンナなどのプライベートシェフを務めた著者が、病気で甘いものを食べられない妻でも食べられるよう工夫を重ねたというマクロビオティック・スイーツのレシピ集。タルトタタン、ビスコッティ、キャロットのカップケーキ、ブルーベリー・パインナッツパイ、すいかとタイムのグラニテ、ピーカンパイ、柿入りライスプディング、クラッシック豆腐チーズケーキ、ココナッツのマカルーン、ティラミスなど、おいしくて体にやさしいスイーツの数々を紹介 →表紙を拡大


「おさらのしたく」

著者:  松長絵菜
出版社:  文化出版局
サイズ:  21×15cm(ハードカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  1100円 [Sold Out]
状態・備考:  A

いつもとちょっとちがう特別な日のための料理とお菓子を紹介。雑誌「装苑」に連載していたものを1冊にまとめたもの。「白いんげん豆のスープ」「3色のサラダ」「オニオングラタンスープ」「ツナのサンドウィッチ」「スモークサーモンのサンドウィッチ」「ハムとチーズのサンドウィッチ」「ポトフ」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「松長絵菜」の本があるか調べてみる


「パン語辞典: パンにまつわることばをイラストと豆知識でおいしく読み解く」

著者:  ぱんとたまねぎ
出版社:  誠文堂新光社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2017年4刷
価格:  600円
状態・備考:  A

歴史、種類からおいしいお店、京都とパンの関係、パンのおともなどなど、パンにまつわるあらゆる言葉を辞典形式にまとめ収録。パンに関わる人物図鑑、パンマンガなども掲載。 →表紙を拡大


「まさこジャム」

著者:  渡邉政子
出版社:  ガイドワークス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2012年初版
価格:  500円
状態・備考:  B/カバーイタミあり

365日パンのみを食べて生きる著者のの50のジャムのレシピやパンについてのコラムなど、パンをおいしく食べるために必要なすべてを掲載 →表紙を拡大


「父の時代私の時代―わがエディトリアルデザイン史」

著者:  堀内誠一
出版社:  日本エディタースクール出版部
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1979年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B

商業美術家、多田北烏の弟子だったという図案家の父親のアトリエでの話から、戦後、カメラメーカーのPR誌「ロッコール」のデザインを担当した時代や「アンアン」などの雑誌のエディトリアルデザインを担当した時代、そして絵本についてなど自身のことをつづったエッセイ →表紙を拡大


「夢の痕跡―20世紀科学のワンダーランドに遊ぶ」

著者:  荒俣宏
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1995年初版
価格:  1500円
状態・備考:  A

蒸気機関、電灯、電話、映画、蓄音機、自動車、飛行機、ロケットそしてコンピュータ‥‥20世紀は科学の世紀。ドイツ博物館とスミソニアン博物館を詣で、人々に驚きを与えつづけた科学と科学者たちの夢をたどる。 →表紙を拡大


「ニューヨーク五番街物語」

著者:  常盤新平
出版社:  冬樹社
サイズ:  単行本
発行年:  1982年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

20世紀に入り金と野心が渦巻き成功と名声を夢見て人々が集まるアメリカの夢の象徴となったニューヨークの中心五番街の変遷を豊富なエピソードをまじえて紹介する。
【目次より】
「ワイントン・スクウェア・パーク」「五番街黄金時代」「ブレンターノ書店など」「リトル・イタリーで」「アメリカの味は田舎料理」「ブルックス・ブラザーズで」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「常盤新平」の本があるか調べてみる


「風俗史からみた1920年代―狂気と不安の時代」

著者:  青木英夫
出版社:  源流社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1981年初版
価格:  600円
状態・備考:  B

パリのアポリネール、コクトーといった作家、シャガール、ピカソなどの画家、作曲家、ジャズやタンゴの流行など陽気な1920年代にポイントをおきその時代の風俗、そしてその風俗が今日の風俗にどんな影響を与えたのかを解説する。 →表紙を拡大


「ニューヨーク文学散歩」

著者:  スーザン・エドミストン、リンダ.D.シリノ(訳:刈田元司)
出版社:  朝日イブニングニュース社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1979年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

かつてニューヨークにどんな文学者が住んでいたか、かれらはその周辺の空気と風物をどのように吸収し、時にそれをどのように表現したか、彼らの周りにどんな人が集まってきたかなどを、マンハッタン、グリニッヂ・ヴィレッジ、イーストサイド、チェルシーなど地区別に解説する →表紙を拡大


「私のおもてなし料理」

著者:  ホルトハウス房子
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×19cm
発行年:  1975年4刷
価格:  3000円
状態・備考:  A

アメリカ人の技術者と結婚後、台湾やタイなどの海外生活を送り、料理の腕を磨き、雑誌「ミセス」でリビングの記事を執筆したり、鎌倉に洋菓子店「ハウス・オブ・フレーバーズ」をオープンさせた著者が、イースター・感謝祭・クリスマスなどの外国の祝日、また、春夏秋冬と季節に応じた、おもてなし料理が紹介。装幀:仲條正義 →表紙を拡大

 →このほかに「ホルトハウス房子」の本があるか調べてみる


「オードブル」

著者:  飯田深雪
出版社:  婦人画報社
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  1982年9版
価格:  1200円
状態・備考:  B/函イタミあり

食事につく前に食欲をうながすために出される前菜=オードブルのレシピを、すぐにできるものからパーティのためのものまで紹介する。
【目次より】
「生ハムとメロンのオードブル」「カナッペ」「芝えびソテー」「こはだのマリネ」「うずら卵のさんご作り」「かにのシャンティー」「バルケット・ド・レータンス」「かきのモルネー焼き」「コクテール・ミート・パイ」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「飯田深雪」の本があるか調べてみる


「ラブおばさんのお嫁さんクッキング」

著者:  城戸崎愛
出版社:  鎌倉書房
サイズ:  19×26cm(ハードカバー)
発行年:  1984年13刷
価格:  700円
状態・備考:  A

ラブおばさんこと城戸崎愛先生が、お嫁さんになるまでにぜひ覚えておいて欲しいという料理を写真とともにやさしく紹介。
【目次より】
「オムレツを焼いてみませんか?」「こんなモーニングメニューはいかが?」「野菜サラダは親友です」「ふっくらごはんを炊けますか」「おしゃれなごはんたち」「だし巻きたまごは日本のオムレツ」「菜飯でパーティを」「豚カツ、串カツ、カキフライ‥‥フライをマスターする」「お刺身と素敵につきあう法」「ほんとうのハンブルグステーキ」「肉おでんは日本のポトフです」「ドイツのおばあちゃん風ロールキャベツ」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「城戸崎愛」の本があるか調べてみる


「ライス料理・めん料理」

著者:  
出版社:  婦人生活社
サイズ:  18×18cm(ハードカバー)
発行年:  1973年初版
価格:  600円
状態・備考:  B

今田美奈子、江上トミ、河野貞子、門間和子といった料理家がおもてなしのご飯から季節の炊き込みご飯、洋風ご飯、中華風ご飯、丼もの、おにぎり、おはぎなどのご飯のレシピとうどんやそば中華めんなどの麺料理のレシピを紹介。 →表紙を拡大


「久司道夫のマクロビオティック四季のレシピ」

著者:  久司道夫
出版社:  東洋経済
サイズ:  26×19cm
発行年:  2004年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

トム・クルーズ、マドンナなど、米国で300万人以上が指導を受け実践している事療法の世界的カリスマによる春夏秋冬の朝昼晩メニュー」のほか、「素材別アラカルト」「マクロ用ソース&ドレッシングの作り方」「砂糖・乳製品・卵を使わないスイーツ」「マクロ料理の基本」など、究極の「健康・美容・美味」レシピ →表紙を拡大


「ブラッド・スポーツ」

著者:  ロバート.F.ジョーンズ(訳:小川隆)
出版社:  福武書店
サイズ:  単行本
発行年:  1991年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

「中国奥地に源流を発し、極地地方を通ってニューヨークにまで流れ込む伝説の大河、ハサヤンパ。そこはすばらしい魚の宝庫であり、マストドンやユニコーンまでもが生息していた。少年ランナーは父親のティルカットに連れられて、釣りと狩りのキャンプ旅行にハサヤンパ河を訪れた。マストドンを撃ち倒し、淡水カジキを釣りながら、父子の旅は順調に続くように思えたが、ある苛烈な出会いがハサヤンパ河上流で二人を待ち受けていた‥‥。奇想天外な法螺話の愉しさに満ちた、知られざるカルト小説」(カバー裏紹介文より) →表紙を拡大


「おれたち、ザ・コミットメンツ」

著者:  ロディ・ドイル(訳:関口和之)
出版社:  集英社
サイズ:  単行本
発行年:  1991年初版
価格:  600円
状態・備考:  B

ロディ・ドイル本人が脚本を担当したアラン・パーカー監督の名作「ザ・コミットメンツ」の原作。「スナッパー」、「ヴァン」と続く「バリータウン三部作」の第一作目。ダブリンの若者たちが、「アイルランドに本格的ソウルパンドを作る」という夢に向かってソウルバンド結成、その素っ頓狂な騒動を描いた音楽小説 →表紙を拡大


「セックスの哀しみ」

著者:  バリー・ユアグロー(訳:柴田元幸)
出版社:  白水社
サイズ:  単行本
発行年:  2000年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

「一人の男が飛行機から飛び降りる」の著者による、愛と性をめぐる、おかしくて、せつなくて、奇想天外な超短篇90作品を収録。個々の作品がそれ自体の舞台とストーリー展開を持ちつつ、作品を貫く気分、雰囲気、イメージなどの連鎖によって全体がゆるやかにつながる →表紙を拡大

 →このほかに「バリー・ユアグロー」の本があるか調べてみる


「変愛小説集」

著者:  岸本佐知子編
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2011年5刷
価格:  800円 [Sold Out]
状態・備考:  A

「愛」をつきつめていくと「変」になる。木に恋をしたり、バービー人形と真剣交際したり‥‥岸本佐知子が、現代英米文学のなかから、ブッカー賞作家から無名作家までの変愛かつ純愛小説をセレクトしたアンソロジー。
【目次より】
「五月」(アリ・スミス)/「僕らが冥王星に着くころ」(レイ・ヴクサヴィッチ)/「まる呑み」(ジュリア・スラヴィン)/「最後の夜」(ジェームズ・ソルター)/「お母さん攻略法」(イアン・フレイジャー)/「獣」(モーリーン・F・マクヒュー)/「柿右衛門の器」(ニコルソン・ベイカー)‥‥など →表紙を拡大


「パラダイス」

著者:  アルベルト・モラヴィア(訳:大久保昭男)
出版社:  角川書店
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1972年初版
価格:  700円
状態・備考:  B/カバーイタミあり

ダンテの「神曲」の「地獄篇」を意識して書かれた、主人公がすべて女性の34篇から成る作品集。主人公の女性たちは、企業家の妻であり、弁護士であり、また若く美しいローマのブルジョアジーの女たちであるが、彼らの表情で共通するのは倦怠であり、タイトルに反して描かれているのはむしろ現代社会の「地獄篇」と考えられる →表紙を拡大

 →このほかに「アルベルト・モラヴィア」の本があるか調べてみる