「京台所の詩」−大村しげ−

大村しげは京都生まれの随筆家、京料理研究家で、京都に関する随筆を多く残している。この本でも、京のもてなしや京の暮らし、伝えておきたい京のことをつづっている。桜をたずねて、お祭り、雨のにおい、暑さの過ごし方・祇園祭、おしょらいさん、中秋の名月、初盆、水回向、軒のすだれ‥‥などの風習、行事が根づいたありふれた日々の暮らしから華やかな“京の都”とは別の顔が浮かび上がります。

 →このほかに「大村しげ」の本があるか調べてみる

著者: 大村しげ
出版社: 淡交社
サイズ: 単行本(ソフトカバー)
発行年: 1985年初版
価格: 700円
状態・備考: A-


【目次より】
「お菓子があるとき」「掘りごたつ」「おひなさん」「雨のにおい」「お月さんいくつ」「お茶とお菓子」「わらべうた」「春のいざない」「がらくた」「旬の味」「お茶碗」「秋のたのしみ」‥‥など


前のページにもどる

ご注文方法
    1. 注文はフォームからかメールでお願いします。メールで注文する際は、ご注文になる書籍の書名、お客さまのお名前、お届け先御住所、お電話番号を明記して、こちら までお送りください。
    2. 注文メールを受け取ってから、できるだけ迅速にこちらからご注文品の在庫状況、送料を含む明細などのメールをお送りします。
    3. その確認メールをお受け取り後、お客さまから最終の御購入意志をお知らせいただくメールをお送りください。
    4. 最終的な確認ができ次第、ご注文品を発送いたします。

発送方法・送料について
  • 送料は一律300円/回です。
  • 発送方法につきましては、郵便局のクリックポスト、mゆうメール、ゆうパックとなります)
  • ただし発送方法や到着日時などをご指定の場合は、実費をご負担いただく場合がございます。

お支払いについて
  • お支払いは本が到着し、ご確認後に銀行振り込みしていただく形となります。
  • 郵便振替をご希望の方は、発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますのでその旨をお伝えください。
  • 振込手数料は、お客様負担になります。

前のページにもどる