「東京の横丁」

著者:  永井龍男
出版社:  講談社
サイズ:  単行本
発行年:  1991年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

「私もそろそろ石になりたい。七十余年前の東京、横丁の母子の暮し、懐かしい物売りの声、時の移りゆくの中に庶民の哀歓を捉える確かなまなざし、滋味溢れる名随筆に短編一篇加えた永井文学最後の静かな感動」(帯より) →表紙を拡大

 →このほかに「永井龍男」の本があるか調べてみる


前のページにもどる