「なんとなくクリティック<1>」

著者:  なんとなく、クリティック編集部
出版社:  なんとなく、クリティック編集部
サイズ:  17×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2013年
価格:  500円
状態・備考:  A

【目次より】
「はじめに “サブカル”の終わりと“批評”の始まり」「山本精一ロングインタビュー―山本精一の世界」「山本精一×小山田圭吾―未知なる音楽への誘い」「山本精一、ひとりの大音楽家/佐々木敦」「浅野いにお『おやすみプンプン』クロスレビュー―おやすみプンプン、どうでしょう?」「漫画日誌/泉信行」「瀬田なつき×染谷将太―映画放談」「映画日記/粉川哲夫」「鶴見済インタビュー―資本主義ではない何処かへ」「ライブ日記/なんのこっちゃい西山。」‥‥など →表紙を拡大


前のページにもどる