「日本映画の21世紀がはじまる―2001‐2005スーパーレビュー」

著者:  阿部嘉昭
出版社:  キネマ旬報社
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

ホラー、カルト、女の子映画、ドキュメンタリー‥‥など、2000年代になってあふれはじめたさまざまな可能性に満ちた映画を、サブカル+文学+音楽+美術+民俗学・精神分析・犯罪史など、隣接するメディア状況もとらえながら紹介する。 →表紙を拡大


前のページにもどる