「缶コーヒー風景論」

著者:  山崎幹夫
出版社:  洋泉社
サイズ:  18×13cm
発行年:  1993年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

「1969年以降、ささやかながらも壮絶なサヴァイヴァル戦を展開してきた缶コーヒー産業。その栄枯盛衰を20年に及んで採集された空き缶を眺めつつ検証する。自動販売機で埋めつくされた現代日本の日常を軽やかに走り抜ける視線。世界はまだまだおもしろい。こんな缶コーヒー飲んだことがあっただろうか?ウーロンコーヒー/コーヒー豆入りコーヒー/トラック野郎コーヒー/史上最強のコーヒー/某新興宗教によるコーヒー‥‥たばになってかかってこい!これぞ缶コーヒー天狗道場!」(帯より) →表紙を拡大


前のページにもどる