「記憶のスパイス」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマスタジオ
サイズ:  26×17cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

写真:齋藤圭吾「ある晴れた日、洗濯物を干しながら私はまた旅に出た。からだの底に沈んだ記憶がひと粒のかくし味。全日空機内誌「翼の王国」に連載されたエッセイ「記憶のスパイス」が書き下ろしを加え一冊になりました。」(帯より)
【目次より】
「蜂蜜の泡」「クスコの赤いスープ―ペルー」「スコールとするめ―ベトナム」「長屋のお弁当―インドネシア・ロンボク島」「フーゴ―ペルー」「おじいと黒砂糖―沖縄」「おやじさんのお粥―フィリピン」「列車の指定席―韓国」「卵サンドと夕陽―インド」「風邪っぴきのラーメン―ネパール」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


前のページにもどる