「八人の男」

著者:  リチャード・ライト(訳:赤松光雄、尾島恒雄)
出版社:  晶文社
サイズ:  単行本
発行年:  1969年初版
価格:  1500円
状態・備考:  B

「「アメリカの息子」「ブラックボーイ」「アウトサイダー」の著者として、抗議と挫折にみちた悲劇的な生涯を閉じたリチャード・ライト。死後初めて出版され、その文学の秘密を鮮やかにあかす書として絶賛された、ライト独自の実存的な相貌を印しづけた傑作」(帯より)「おとなになりかけた男」「黒い大きないい男」「アフリカから来た男」など8編を収録 →表紙を拡大

 →このほかに「リチャード・ライト」の本があるか調べてみる


前のページにもどる