「魚の泪」

著者:  大庭みな子
出版社:  中央公論社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1971年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

夫とともに11年にわたって過ごしたアラスカのシトカでの生活や、パリに独り学んだ日々などをつづった随筆集
【目次より】
「白樺と氷河の街」「火草とエスキモーたち」「森と湖と入江の街・シトカ」「世捨人たちの蟹捕りの話」「霧の女」「屍馬び谷間」「サーモンダービーの話」「放浪する者の魂」「夢に見たパリの現実」「ロワール側のお城に住んだひとたち」「パリのアメリカ女」‥‥など→表紙を拡大


前のページにもどる