「おしゃべりフランス料理考」

著者:  なだいなだ
出版社:  平凡社カラー新書
サイズ:  新書版
発行年:  1975年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「フランスでは乞食から王さままでが、毎日食べているのがフランス料理。現在のフランス料理は、革命で落ちぶれた貴族の料理人たちが始めたレストランに端を発しているが、それを日常的なものにしたのは、ケチな主婦たちの知恵なのだ」(カバーより)「食べられるか、食べられないか、それが問題だ」「スープまたはポタージュのかわりのおしゃべり」「パリの高級レストラン」「デザートのかわりのおしゃべり」・・・・など。イラストや写真多数収録 →表紙を拡大


前のページにもどる