「コーヒー・ハウス―18世紀ロンドン、都市の生活史」

著者:  小林章夫
出版社:  駸々堂出版
サイズ:  単行本
発行年:  1993年5刷
価格:  1200円
状態・備考:  B/背ヤケ

17世紀半ばから18世紀にかけロンドンで繁栄したコーヒー・ハウスは、さまざまな人たちが、コーヒーの香りと紫煙の中で、政治を論じ、権力を批判する市井のサロンだった。政治議論や経済活動の拠点であり、文学者たちが集い、ジャーナリズムを育んだ場として英国に多大な影響を与えた欧州カフェ文化の先駆、ロンドンのコーヒー・ハウスの歴史や役割と、そこを舞台とした人間模様と、市民の日常生活を描く →表紙を拡大


前のページにもどる