「日本の名随筆 別巻11 囲碁」

著者:  中村孝次 編
出版社:  作品社
サイズ:  単行本
発行年:  2000年7刷
価格:  800円
状態・備考:  A

【収録作品】
「直木三十五と碁」(川端康成)/「本因坊と私」(関根金次郎)/「本因坊秀哉」(野上彰)/「持碁」(高木徳)/「原爆直下の本因坊戦」(瀬越憲作)/「大手合再開」(高川格)/「高川さんと私」(大山康晴)/「呉清源」(佐藤垢石)/「木谷さん」(田岡敬一)/「素顔の趙さん」(三浦修)/「ワンパク本因坊誕生まで」(林海峯)/「碁のさかんな八幡」(佐木隆三)/「棋士と書道(抄)」(柳田泰雲)/「碁盤(その一)」(森銑三)/「盤石よもやま」(前沢長太郎)/「賭け碁」(畑正憲)/「日野葦平の碁」(山田覆面子)/「坂口安吾さんと碁の話」(若園清太郎)/「囲碁漫談」(木山捷平)/「横好きの弁」(小沼丹)/「紅毛の囲碁教室」(夏目伸六)/「碁ガタキ列伝」(小田嶽夫)/「いろはにほへと」(小島直記)/「文体の底にあるもの」(竹内好)/「最低の摩訶不思議性」(埴谷雄高)/「宇宙棋院は天才ばかり」(遠藤周作)/「白と黒」(黒井千次)/「ヘボとは何か?」(井上光晴)/「碁の個性」(藤沢周平)‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「日本の名随筆」の本があるか調べてみる


前のページにもどる