「星に願いを」

著者:  庄野潤三
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「ここには穏やかな日常がある。子供が成長し、2人きりの夫婦の時がゆったりと流れる。鳥たちはさえずりハーモニカがきこえる。」(帯より)「貝がらと海の音」に登場する当時小学生だった次男の長女のフーちゃんが、高校の吹奏楽部に入り定期演奏会に出かけていく「星に願いを」をはじめ、子供が大きくなり、みな結婚して、「山の上」のわが家に二人きり残された夫婦が、いったいどんなことをよろこび、どんなことを楽しみにして暮しているかを描いた連作→表紙を拡大

 →このほかに「庄野潤三」の本があるか調べてみる


前のページにもどる