「百けん先生月を踏む」

著者:  久世光彦
出版社:  朝日新聞社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

敬愛する作家をモチーフにした作品。借金取りから逃れるために、小田原にあるお寺にに移り居候した内田百けんとその寺の住職たちの日常を描く、話の中では久世光彦による架空の百けん小説も登場する。久世光彦が残した最後の長編小説で、著者急逝のため未完のままとなっている →表紙を拡大

 →「久世光彦」の本があるか調べてみる


前のページにもどる