「ある犬の伝記」

著者:  ヴァージニア・ウルフ(訳:出淵敬子)
出版社:  晶文社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1979年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B

19世紀の詩人エリザベス・バレット・ブラウニングの半生を、彼女の愛犬フラッシュの目を通じて著した作品。
「フラッシュ。19世紀イギリスの詩人エリザベス・バレット・ブラウニングの愛犬である。ハシバミ色の大きな眼、ふさふさの垂れた耳――赤毛のコッカースパニエル。そして文学史上名高い彼女の駆け落ち事件の小さな目撃者。ロンドンからフロレンスへと、心を通わせながら運命を共にした。『犬好きというより犬になりたかった人』によって書かれた愛の物語」(カバー裏紹介文より)→表紙を拡大


前のページにもどる