「作家と父」

著者:  山本祥一朗
出版社:  大陸書房
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1977年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B

【目次より】
「親の醜悪部分を徹底的に(丹羽文雄)」「息子の文名に気押されたか晩年の父(水上勉)」「『乞食王子』の反骨精神(吉田健一)」「愛の飢餓感の生涯(太宰治)」「小説でも書かねば、碌な人間に‥‥(室生犀星)」「この痛烈なアンチ父への生きざま(三島由紀夫)」「近親憎悪と自己嫌悪の少年期(坂口安吾)」「祖父母に育てられた父子二代(志賀直哉)」「父ゆずりの『唯我主義』(永井荷風)」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「山本祥一朗」の本があるか調べてみる


前のページにもどる