「酒と博奕と喝采の日日―さらば、愛しき芸人たち[2]」

著者:  矢野誠一
出版社:  文藝春秋
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  1995年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

傲岸不遜を売り物にした芸風が愛児誘拐の悲劇をまねいたトニー谷。無頼を貫いて壮絶に破滅した水原弘。「いっぱい恋をしたし、おいしいものを食べたし、歌もうたったし‥‥」と言い残して逝った越路吹雪。八方破れの芸人たちの芸と人生を、とっておきのエピソードでつづる→表紙を拡大

 →このほかに「矢野誠一」の本があるか調べてみる


前のページにもどる