「日常茶飯」

著者:  中里恒子
出版社:  日本経済新聞社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1986年初版
価格:  1800円
状態・備考:  A/函ヤケあり

「飽食時代の“豊かな食事”とは? 新茶・たけのこ・初かつお―四季折々、海・山の幸に恵まれた日本の国。三度の食事も工夫ひとつで心豊かに‥‥。女流作家の細やかな味つけは、甘口・辛口自由自在、日常茶飯にみる食と文化のエッセイ集。福井良之助画伯の挿画多数掲載」→表紙を拡大


前のページにもどる