「冬の花」

著者:  大佛次郎
出版社:  光風社書店
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1973年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

「最後の随筆と終焉日記。巨匠晩年の随筆四十八篇、二つの講演、病床日記を併せ収める傷逝の一巻。日本の自然と歴史への豊かな愛情をこめ、死を見つめながら大作に取り組む日常と心境をうかがわせる感動の文字である」(帯より)→表紙を拡大

 →このほかに「大佛次郎」の本があるか調べてみる


前のページにもどる