「日本の名随筆別巻40 青春」

著者:  椎名誠編
出版社:  作品社
サイズ:  単行本
発行年:  1994年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

【目次より】
「山の頃」(夢枕獏)、「改札口」(宮本輝)、「名刺一枚」(沢木耕太郎)、「市川春代」(マキノ雅裕)、「「長崎の女」をはてしなく追う旅」(椎名誠)、「バンカラばんざい」(畑正憲)、「ザッツ「ザッツ・エンタテインメント」」(和田誠)、「朝から晩まで、映画を見ていた」(双葉十三郎)、「三秒考えて音の世界へ」(山下洋輔)、「フィンランドの夏」(野田知佑)、「青春の日々」(植村直己)、「ぼくは昔ツアコンだった」(玉村豊男)、「ジキル博士とマンガ氏」(手塚治虫)、「わが青春の野蛮人たち」(小松左京)、「ああ青春、走り抜けた三年」(筒井康隆)、「歌を忘れた頃」(開高健)、「逆上の露文入学」(東海林さだお)、「幻影の城主」(江戸川乱歩)、「」(五代古今亭志ん生留置場で一席)、「犯罪・空腹・宗教」(つげ義春)、「芦原将軍のいる学校」(澁澤龍彦)、「劣等生、母校に帰る」(遠藤周作)、「女ともだち」(中野翠)、「少女小説は人類に何をしたか」(佐野洋子)、「性の地動説」(中島らも)、「美人眼痴」(川上宗薫)、「三十一年前のプログラム」(井上ひさし)、「わが生涯の中の空白」(柴田錬三郎)、「深夜に現われた若者に関する話」(阿佐田哲也)‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「日本の名随筆」の本があるか調べてみる


前のページにもどる