「短篇集 落葉」

著者:  G.ガルシア=マルケス(訳:高見英一)
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1980年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

「架空の土地マコンドに起きた、変わり者のフランス人医師の首吊り事件をきっかけに露わになった住民の恨み、頑迷、挫折感、孤独‥‥町をあげての残忍性を前にした、十一歳の少年、その母親、現役大差の祖父という夢遊病者的な人ブルの独白を通じて人間の“孤独”を描いた『落葉』ほか六篇」(帯より)
【目次より】
「落葉」「世界中で最も美しい男の溺死死体」「大きな翼を持った老人」「ブラカマン 奇跡を行商していた善人の物語」「幽霊船の最後の後悔」「イサベルの独白(モノローグ) マコンドに降る雨を眺めながら‥‥」「ナボ 天使に待呆けを食わせた黒人」→表紙を拡大

 →このほかに「ガルシア=マルケス」の本があるか調べてみる


前のページにもどる