「ほろ酔いの美学」

著者:  穂積忠彦
出版社:  健友館
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  1981年初版
価格:  600円
状態・備考:  B/著者サイン

酒徒として如何においしく飲むか、如何に楽しく飲むかを追求するための心がまえや、酒に関する幅広い知識、そして雑学を紹介。
【目次より】
「燗酒の美学」「熱燗ロック、梅干しロック」「安くて痛快ホッピーカクテル」「手づくりの味ハーフ&ハーフ」「清酒をドイツワイン風に」「清酒のカクテル」「ビールと清酒でクッキング」「冷凍魚の生臭さを消す」「肉や魚にスプレー」「塩の辛みを酒で洗う」「果物に向くコニャック」「酔いの軽重を問う」「つまみで肝臓に栄養を」「寝酒に注意」「酒は薬に通じる」「人類最古の愛の酒・ミード」「手作りの食前酒」「酔っ払い動物園」「男酒と女酒」「ウィスキーは四種類」「秘酒のラベル」‥‥など→表紙を拡大


前のページにもどる