「学生部長の十二月」

著者:  ソール・ベロー(訳:渋谷雄三郎)
出版社:  早川書房
サイズ:  単行本
発行年:  1983年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B

シカゴの大学のジャーナリズム科教授で学生部長を務めるコルド教授が、シカゴのルポタージュを書くために町に出て、そこに見出したものに仰天し義憤に駆られるまま誰彼の見境なく切りつけるような記事を書いて雑誌に発表し、シカゴの既成体制、特にメディアから顰蹙を買う─現代アメリカ知識人の苦悩を描破する、ノーベル賞受賞以来、初めて発表した長編小説→表紙を拡大


前のページにもどる