「舌の向くまま」

著者:  重金敦之
出版社:  講談社
サイズ:  単行本
発行年:  2000年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

ジャーナリストで大学教授の著者が、「おいしさ」求めて日本を、世界を巡り、あらゆる食材と酒を吟味する、「おいしさ」満載のエッセイ集。「常磐沖のメヒカリとドンコで「あらばしり」を飲む」「別名を蛸島、三河湾は日間賀島のタコ料理」「「分とく山」、野崎洋光さんの新日本料理」「プロヴァンスで味わったオリーブオイル百珍」「フランス人もやらないトリュフづくしの晩餐会」「銀座を愛する作家たちとワインバー」「百花繚乱、定着した日本の地ビール」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「重金敦之」の本があるか調べてみる


前のページにもどる