「忘れえぬ人」

著者:  山口瞳
出版社:  河出書房新社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「母、黒尾重明、梶山季之、三島由紀夫、向田邦子、色川武大、そして妻治子‥‥。山口瞳がその生涯で縁があった、有名無名を問わず想い出深い、忘れえぬ人々の事を印象的に書き記す、単行本未収録エッセイ集」(帯より)
【目次より】
「幼い頃の衝撃」「或る女の一生」「川端家での一日」「熱気があった」「私は醜男である」「サントリーの時代」「小林さんと池島さん」「親友・梶山季之」「長屋の花見」「庭の眺め」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「山口瞳」の本があるか調べてみる


前のページにもどる