「奇人変人 料理人列伝」

著者:  早瀬圭一
出版社:  文藝春秋
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

「一流の料理人は揃いも揃って『曲者』ばかり。池波正太郎、開高健、向田邦子を唸らせた伝説の名人から旬の若手まで確かな舌と筆で描きだす職人たちの素顔。」(帯より)
【目次より】
「前菜ならぬ長い前書き」「格式ある祇園の奇人変人―京都『川上』松井新七」「池波正太郎も唸った祇園の和風中華―京都『盛京亭』上田隆雄」「文人も通った二代にわたる名物居酒屋―渋谷『玉久』鎌田久良」「俳句とワインとイタリアン―大森『チャオ』橋本明男」「開高健が虜になった大阪寿司―神楽坂『大〆』加藤堅二郎」「『おまかせ』しかやらないこだわりの鮨屋―鎌倉『以ず美』神代三喜男」「谷崎が愛した味を受け継ぐ―金沢『小松弥助』森田一夫」「直球勝負の二人の若手料理人―横浜『すし席小谷』小谷真也・銀座『うち山』内山英仁」「デザートならぬ長い後書き」→表紙を拡大


前のページにもどる