「銀座物語―福原義春と資生堂文化」

著者:  島森路子
出版社:  毎日新聞社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1996年初版
価格:  700円
状態・備考:  B

「『化粧品は日常品であると同時に、文化の領域にまたがった商品』と明言する、資生堂社長・福原義春。彼個人の歩みと資生堂と銀座の3つをクロス、文化と経営を無理なく統一させていく新しい企業家像が浮かびあがる」(帯より)
【目次より】
「義春『少年記』」「戦後の光の中で」「伯父信三がくれたもの」「サラリーマン1年生」「「企業戦士」を生きる」「資生堂の女、資生堂の美」「改革者の風土を継ぐ」「企業文化を動かす」「幻想と科学を結ぶ」‥‥など →表紙を拡大


前のページにもどる