「希望をはぐくむ 日々の食卓」

著者:  グラフマーケット、辰巳芳子
出版社:  PHP研究所
サイズ:  19×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

辰巳芳子さんの著書や講演をもとに編集した本。食や料理のことを語りながら、これらを通して美しく生きていくための道理を説く。
【目次より】
「命を支える料理を幸せな気持ちでできるよう知恵と工夫を」「味をつけないシンプルな調理で食材は千変万化」「旬の食材は身体を整える美味しいお薬」「庭やベランダで山椒や花柚子を育て日本人の感性を磨く」「薬味は主役の味を引き立てるもの。多からず、少なからず。適量を添えるのが感性」「お台所に立つときは息をととのえ優しい手つきで」「経験を心に舌にファイリング」「美しい料理表現の感覚を得て美味しい料理を作る」「より美味しく。より美味しく」「日々の料理作りが少しでも薬に、楽しくできるすり鉢とすりこぎ」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「辰巳芳子」の本があるか調べてみる


前のページにもどる