「印半纏」

著者:  岩田アキラ
出版社:  青幻舎
サイズ:  文庫版(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

「粋でいなせな印半纏(しるしばんてん)。江戸っ子がデザインした意匠だ。祭には印半纏すがたのファッションが競い合う。威勢のいいかけ声に、ねじり鉢巻で神輿が踊り、跳ねまわる。火事と喧嘩は江戸の華。いろは四十八組のいなせなシンボルは印半纏。仕事師には印半纏がよく似合う。本書には印半纏の意匠を凝らした雛形のデザイン、その時代背景にある資料500点を収録。印半纏は江戸っ子の心意気だ。」(カバー裏紹介文より) →表紙を拡大


前のページにもどる