「葱とわかめと油揚げ―私のむだなし料理百選」

著者:  阿部なを
出版社:  婦人之友社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1988年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

「素材と語り合うたのしさを…。まず料理が好きでなければ、もののよしあしがみえません。魚は真ん中のいいところだけが美味なのではなく、それぞれの部分に味のちがいがあり、その活用に思い至るとき、1つの眼がひらかれます。捨てられても不思議のないもの同士を集めて、丹念に炒めたり、煮たりするとき、しみじみとものへの愛情がわきます。ケチ料理というのは、たっぷりの心ぞえなくしては、おいしくできないのです。」(帯より)
【目次より】
「身近な野菜・私流の工夫」「旬の味わいを大切に」「身近な魚・それぞれの味」「語り伝えたい日本の味」「昆布と梅干しの復活料理」「とっておきの常備菜とその使いみち」「懐しいおやつ」‥‥など →表紙を拡大


前のページにもどる