「日本の名随筆 別巻5 映画」

著者:  淀川長治編
出版社:  作品社
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  1993年3刷
価格:  800円
状態・備考:  A

【目次より】
「映画」(池波正太郎)、「映画漫想(二)」(尾崎翠)、「「カリガリ博士」を見る」(谷崎潤一郎)、「「映画芸術の夜は朗らかに明けて行く」」(三國一朗)、「二十八時間で一本映画を撮る」(マキノ雅弘)、「エノケンと一九二〇年代」(山口昌男)、「「喜劇女優」デビュー」(清川虹子)、「大船撮影所(抄)」(笠智衆)、「小津先生のお見合い」(高峰三枝子)、「溝口式実地勉強(抄)」(浦辺粂子)、「黒沢明のシナリオについて」(佐々木基一)、「ベバリーヒルズにこだわるわけ」(清水俊二)、「ぼくのヒッチコック会見記」(植草甚一)、「カトリーヌ・ドヌーヴその不思議な魅力」(澁澤龍彦)、「アンナ・カリーナに恋をした」(山田宏一)、「夭折の資格に生きた男ジェームス・ディーン」(三島由紀夫)、「ハリウッド玉手箱」(大林宣彦)、「家族の肖像」(高野悦子)、「ある貴族へのレクイエム」(辻邦生)、「お腹の中にいるころから映画通い」(淀川長治)‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「日本の名随筆」の本があるか調べてみる


前のページにもどる