「金の糸銀の糸」

著者:  石坂洋次郎
出版社:  集英社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1964年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

「民子と加奈子は評判の美人姉妹。彼女たちを囲む青年の中から、一雄は強引に民子にプロポーズし、二人は仲を深めていった。だが、一雄が泥酔のあげく突然一方的に婚約解消を宣言した。北国の城下町を背景に、明るくみずみずしい生命力にあふれる恋愛を、カラリとした性描写をまじえて描いて、若者たちの新しいモラルを問う長編。」(紹介文より) →表紙を拡大

 →このほかに「石坂洋次郎」の本があるか調べてみる


前のページにもどる