「びんぼう自慢」

著者:  古今亭志ん生
出版社:  立風書房
サイズ:  文庫本(ハードカバー)
発行年:  1993年初版
価格:  500円
状態・備考:  B

「五代目古今亭志ん生――。廓ばなしに長屋ばなし。その軽妙洒脱な語り口、奔放な芸風で満天下のファンを沸かせ、昭和が生んだ最大の落語家として、没後20年、いまもなお万人に愛される志ん生の極めつき自叙伝。改名なんと16回、呑む、打つ、買うの三道楽は免許皆伝。旅に明け暮れた青春の日々や、びんぼう長屋のなめくじ騒動。懸命に芸に生きた、ご存知志ん生の泣き笑い人生ものがたり――。」(カバー裏紹介文より) →表紙を拡大


前のページにもどる